楽天カードwiki | 無料で作れるクレジットカードは楽天ポイントの還元率も高い!

楽天カードはポイント還元率が高く年会費も永年無料のクレジットカードです。今なら新規入会5,000円相当のポイントゲットで、5000円お得になりますよ!

イオンカード(WAON一体型)は年会費無料でお得?【他社審査比較】

読了までの目安時間:約 5分

 



突然ですが、皆さん「イオンカード」をご存知でしょうか?
その名の通り大手ショッピングモールのイオンが発行するクレジットカードです。
このイオンカード、年会費無料でとても人気のあるクレジットカードなのですが、一体どういった魅力があるのでしょうか?
今回は同じく年会費無料で人気の高い楽天カードとこのイオンクレジットカードの機能を比較していきますね!

イオンクレジットカードってどんな機能があるの?

イオンといえば誰もが一度は利用したことのあるショッピングモールではないでしょうか?
そんなイオンでの買い物の時に役に立つのがこのイオンクレジットカードです。
このイオンクレジットカードはWAONという電子マネーと一体型になっており、全国のイオンのお店で現金を出さずにカードをかざすだけでお会計をすますことができてしまいます。
WAONでのお買い物をすれば200円でWAONポイントが1ポイント貯まるというのもお得で大きな魅力ですね!

では楽天カードはどうでしょうか?

楽天カードのサービス内容はどのようなもの?

楽天カードにも実は電子マネーが付帯されています。それは「楽天Edy」です。
こちらもWAONと同様にカードをかざすだけでお会計をすますことができます。
この楽天Edyは全国40万箇所以上の加盟店で利用可能なので使えないところが少ない…といったようなことはありません。
さらにはこの楽天Edyを使えば200円で楽天スーパーポイントが1ポイント、200円のチャージで楽天Edyが1ポイント貯まるのです!とてもお得ですよね!

続いては私がクレジットカードを選ぶ際にとても重要視する「ポイント還元率」です。
なぜ私がこのポイント還元率を重視するのかというと、私は多くのクレジットカードを持っているわけではなく、ひとつのカードを長く使っていきたいと考えているからです。
そういった場合ほんの少しの差でも後々大きな差になってきます。

ではこの2つのクレジットカードのポイント還元率はどうなっているのでしょうか。

クレジットカードのポイント還元率の比較

まずはイオンカードですが、利用額に応じ「ときめきポイント」というポイントが付与されます。
200円の買い物につき1ポイントなのでポイント還元率は0.5%ということになります。
また、一回の利用で計算され、200円未満の端数は切り捨てになってしまうので場合によってはロスがでてきてしまいます。
例えば700円の買い物をした場合3ポイントのときめきポイントが貯まりますが、残りの100円分は切り捨てということになってしまいます。

対する楽天カードですが、100円の利用につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるのでポイント還元率は1%ということになります。
私が楽天カードを高く評価するのはこの点です。通常ポイント還元率はイオンクレジットカードのように0.5%が平均的です。
有名な三井住友VISAカードも0.5%ですよね。
1%以上のポイント還元率は年会費無料のクレジットカードでは珍しく、「高還元率カード」と呼ばれているのです。
さらには楽天カードのポイントは月額合計なので700円の買い物をした後に300円の買い物をすれば1000円分のポイントをすべてもらうことができるのでとてもお得です!

ときめきポイントは全国のイオングループ等、楽天スーパーポイントは楽天市場等の楽天グループで利用可能なのでどちらもとても便利ですが、ポイントを貯めるということに関しては楽天カードの方が優れていると言えるでしょう。

 

いかがでしたか?とても人気のある2つのクレジットカードですが、あらゆるものを取り揃えている楽天市場での買い物をお得に利用できるという点で私は楽天カードをオススメします。
ポイントキャンペーンも多く行っており、すでに高いポイント還元率が2倍にも3倍にもなりますよ!
今なら新規入会で5000ポイントプレゼントキャンペーンも行っているので是非検討してみてくださいね!


 

クレジットカード比較 イオンカード   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る